2分コラム:メンタルが落ちやすい? じゃあ過去を振り返ってみよう

どうも、いとうです。

 

今日は、

 

  •  就職期なんだけど、
     何がしたいかわからない
  •  自己肯定感が低くて、
     思ったような行動ができない
  •  過去のトラウマが
     今になっても鮮明で拭えない

 

こんな方に向けてお話しします。

 

 

 

 

メンタルが落ちやすくて困っている。

 

なら過去を振り返ってみましょう。

 

 

ということなんですけど、

 

 

「ん? どゆこと?」

 

 

って感じですよね(笑)

 

 

 

自分が今、

なぜメンタルが落ちているのか、

なぜ落ちやすいのか、

 

そういう理由って分かりますか?

 

 

同じ出来事が降りかかっても

なんともない人もいるのに、

 

 

「なんで自分はこんなに

 メンタル落ちちゃうんだろう」

 

 

って思ったことありませんか?

 

 

それを解消して、

メンタルが落ちにくい体質にしていくために

 

 

過去を振り返りましょう

 

 

っていうことなんですね。

 

 

・こんな痛みがあった。

・こんなトラウマがあった

・こんな悩みがあった

・こんな失敗があった

 

 

こういったことを受け入れつつ、

それを乗り越えて今を生きている自分は

 

これからどのようにしていくのか。

 

前向きに考えていくんです。

 

 

・どうしたら痛みを笑い話にできるか

・どうしたら悩みを解決できるか

・トラウマを緩和するために何ができるか

・同じ失敗をしないためにどんな対策ができるか

 

 

過去を客観的に振り返ってみることで、

 

こういったことを現実的に、

客観的な考えていけるんです。

 

 

少し時間もかかります。

痛みが伴うことでもあります。

 

 

でもその効果はてきめんで、

実際に臨床現場でも使われているほどです。

 

 

・物事を前向きに捉えるコツがわかる

トラウマを緩和することができる

自己肯定感も上がる

 

 

様々な効果があります。

 

幼少期からの出来事を

列挙していくだけでも違います。

 

ぜひぜひためしてくださいね。

p.s.
そんなん言われても
やり方がよくわからんがね。

という場合は、
私もその手法を扱っています。

どんなことを書くかなどの
お手伝いもできますし、

深掘りしてより効率的に
導くこともできます。


是非お気軽にご相談くださいね。

 

 

今日は、

 

メンタルが落ちやすい?

じゃあ過去を振り返ってみよう。

 

 

というお話をしました。

 

 

過去を振り返ることで、

 

悩みを解決したり、

自己向上をさせるためのコツが

 

様々な視点から見つかります。

 

 

客観的に振り返り、

未来への足掛かりにしていくことで、

 

ちょっとやそっとでは落ちにくい、

強いメンタルを作っていきましょう。

 

ではまた。

 

公式ラインが生まれ変わります

 

2月1日から、

公式ラインが変わります。

 

 

今度からはそっちで発信をしていくので、

ぜひぜひ期待しておいてください!

 

あなたが“自分の人生”を生きられるように。
私の経験と知識をジャンジャン垂れ流していきますね。

 

2分コラム:たった1つでいい。人間関係で疲れてしまわなないために気をつけてほしいこと

どうも、いとうです。

 

今日の2分コラムは、

 

  •  他人に合わせすぎて
     疲れてしまっている
  •  自分の意見を言うのが怖い
  •  友達を遊びに誘いたいけど
     ウザがられそうで誘えない

 

こんな方に向けてお話しします。

 

人間関係で疲れないために

気を付けてほしいこと。

 

 

結論、

 


他人に対して気を使いすぎないこと

 


です。

 


自分では配慮しきれない他人に

気を使いすぎてしまうから、

疲れてしまうんですね。

 


あはたは
自分の行動で相手がどう思うか、
考えすぎていませんか?

 

 

・不快な思いさせるんじゃないかな。
・余計なお世話だったらどうしよう。
・否定されたら気まずいな。

 

 

こんなこと、考える必要ないんです。


例えば、

 

 

「上司にこの報告して、

 何もできないやつだって思われないかな……」


「友達にラインを送りたいけど、

 忙しかったりしてウザがられないかな……」


「意見や考えを言って、

 全否定されたら立ち直れないよ……」

 

 

とかとか。

こんな事考えてたらキリがないんですよ。

 

 

だって何しろ、
相手がどう言う反応をするかなんて、
相手の選択次第ですからね。

 

 

あなたはあなたができる配慮

すればいいだけです。


つまり、

最低限マナーとエチケットさえ

守ればいいんです。

 

 

それでもいざこざが起きるのなら、

それはもうその人とは

縁がないと言うことです。

 

あなたが疲れてしまう縁は手放して、

肩の力を抜いて接せられる縁を

大事にしていきましょう。

 

 

でもやっぱり怖いもんは怖い。
そんな時はぜひ私で試してみてください。

私もあなたと同じような道を辿っています。


人に意見を言うのが怖かったし、
ずっと他人に気を遣って、
他人に合わせて生きてきました。


だから人間関係に疲れて、
家に帰ったらドッと疲れが出てくる。


同じ痛みがわかる私ですから、
あなたの悩みを受け止める事ができます。

 

 

今日は、

 

たった1つでいい。

人間関係で疲れてしまわなないために

気をつけてほしいこと

 

 

というお話でした。

 

 

疲れてしまうのは

人に気を遣いすぎてしまうからです。

 

相手の考えや行動は

操作できないので、

最低限のマナーやエチケットだけ

気を付ければ大丈夫です。

 

人に気を遣いすぎずに、
思ったことをする練習をしていきましょう。

 

ちょっとずつ。

ちょっとずつですよ。

 

 

ではまた。

 

公式ラインが生まれ変わります

 

2月1日から、

公式ラインが変わります。

 

 

今度からはそっちで発信をしていくので、

ぜひぜひ期待しておいてください!

 

あなたが“自分の人生”を生きられるように。
私の経験と知識をジャンジャン垂れ流していきますね。

 

2分コラム:新しいことにチャレンジしたい! けど動けない……その理由と対策とは?

どうも、いとうです。

 

このコラムでは、

 

  •  やってみたい事があるけど
     一歩踏み出せない
  •  悩み解決の方法を調べたけど
     実践できない
  •  苦手を克服したいけど
     怖くて動けない

 

こんな方に向けて書いています。

 

 


なぜ行動できないのか。


ズバリそれは、

 

いきなり大きなことに挑戦しているから

 

です。

 


「え? なにそれどゆこと?」


そんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

目の前に大きな壁が立ちはだかっていたら、

 

 

「登るの面倒臭いな」

「ちょっとやめとこうかな」

「まあまた今度でいっか」

 

 

ってなったりしませんか?

 

そういうことなんです。

 

 


例えばちょっと考えてみてください。

 


初めて野球を学ぼうと集まった子供たちに、

コーチが甲子園の試合を見せて

 

「ここのショートの動きがな——」

 

とか言い出したら

 

「いやいやちょっと待ってくれ

 (((;゜Δ゜)))

 

ってなると思います。

 

 

初心者向けの料理教室でいきなり

 

「ではまず鯛とムール貝の

 アクアパッツァを作りますね」

 

って言われたら

 

「いやムリムリムリ!

 ((((;゜Д゜)))」

 

ってなると思います。

 

 

 

それと同じことなんです。

 

 

新しいことに挑戦する時、

何かを実践しようとする時、

 

最初のハードルが高すぎるから、

なかなか行動に移せないんです。

 


いきなり甲子園の技術を説明されても

子供たちはポカーン( ゜Д゜)ですし、

 

「あくあぱっつぁ」なんて

いったい何なのかすら曖昧なもの、

初心者から作ろうとは思えなくないですか?

 

 

初めから難しいことをやれと言われても、

 

「いや無理でしょ」

 

って尻込みしてしまうんです。

 

 

だから、

もっと挑戦のハードルを下げまくる

 

 

野球なら、

軽いキャッチボールから始めよう。

 

料理なら、

もっと目玉焼きとかから入ったらいい。

 

 

そういう簡単なことからだったら、

 

「ちょっとやってみようかな」

 

って思える気がしませんか?

 

 

 

こうやって

ガンガンハードルを下げて、

新しいことや苦手の克服など、

行動ができるようにしていきましょう。

 

 

まずは、

ほんの簡単なことを試してみれば良いんです。


それもちゃんと成長と言えることですからね。
昨日より1ミリでも、進んでみましょう。

 

p.s.

ちなみに私がコミュ障時代、
克服のために始めた1番最初の行動は、


“コンビニで商品を受け取った時に
「ありがとう」と言う”


でした。


ほら、こんな小さなことなら
流石にやれる気がしませんか?(笑)

 

 

今日は、


新しいことにチャレンジしたい!

けど動けない……その理由と対策とは?

 

 

というお話しでした。

 

行動できないのは大抵

挑戦のハードルが高すぎるからなので、

ガンガンハードルを下げましょうね。


ではまた。

公式ラインが生まれ変わります

2月1日から、

公式ラインが変わります。

 

 

今度からはこっちで発信をしていくので、

ぜひぜひ期待しておいてください!

 

あなたが“自分の人生”を生きられるように。
私の経験と知識をジャンジャン垂れ流していきますね。

 

人との関係が怖かったIさんの話

 

どうも、伊藤です。

 

 

今日は、

 

自分の意見が言えず

他人に振り回されてしまっている

Iさんのお話をします。

 

 

Iさんは、

製造の現場で働いている会社員です。

 

日々生産指示に従いながら、

同じ作業を1日何十回と繰り返しています。

 

 

生産開始数時間、

上司がIさんの元にやってきました。

 

 

「残業!」

 

 

たった一言。

 

今日は残業できるか?

という依頼です。

 

 

正直Iさんのペースなら、

その日のノルマは十分に終わります。

なんなら1.3倍くらいプラスで生産できます。

現場の人間としてはとっても優秀です。

 

でも、

 

 

「はい、良いですよ」

 

 

断ることができず、

今日も無駄な残業に明け暮れています。

 

 

「土曜出勤は?」

 

「できますよ」

 

 

月に数回ある休日出勤も、

断ることはできませんでした。

 

本当は帰ってからやりたいゲームや、

読みたい本もありましたし、

 

休日には出かけたいところもありました。

 

でも、

 

「断ったら怒られる」

「見捨てられるかもしれない」

「使えないやつだと思われたくない」

 

 

そんな考えが浮かんで、

自分の意見を言えません。

 

 

モヤモヤとした嫌な気持ちを抱えながら、

作業を繰り返していきます。

 

「このままでいいのかな」

「でも、怖いし……」

「波風立てたくないしな」

「今が平和だし、何も言わない方が……」

 

 

そういう思いが、

頭の中で渦巻いています。

 

濁流のように激しく頭の中を埋め尽くします。

 

そうしていつしか、

自分の中のモヤモヤに

気づけなくなってしまいました。

 

そんなIさんの今は……?

 

いかがでしたか?

自分の意見を言えず、

残業や休日出勤も断れない日々。

 

なんなら、

有給を取っていた日でも、

上司から頼まれたら返上していました。

 

 

プライベートでも、

家族にすら自分の意見が言えない。

 

友人を自分のしたいことや

行きたい場所に誘えない。

 

 

 

他人に振り回されて、

自分のやりたいことはいつも後回し。

 

モヤモヤとした日々を過ごしていました。

 

 

 

 

ですが実は、

そんなIさんはその後、

自分軸を持って自分の意見を言える人間へと

変貌しました。

 

 

言葉を発することに尻込みせず、

適度に残業を断ることも、

参加したい講習を上司に申請することも

できるようになっています。

 

それでも他人との関係を壊すことなく、

和気あいあいとした人間関係を持っています。

 

 

どうしてだと思いますか?

 

端的に言えば、

 

 

自己肯定感を上げたから

 

 

です。

 

自己肯定感を上げることで、

行動する勇気が生まれたんですね。

 

では、

どうして自己肯定感を上げられたのか。

 

 

それは、

 

 

自己分析を重ねたから

 

 

です。

 

 

 

楽に生きるための自己分析

 

他人に振り回されてしまう自分を

どうにかしたいと、

 

IさんはGoogle先生を頼りまくり、

書店に通い詰めました。

 

 

そうして出会ったのが、

とある自己分析法でした。

 

 

 

残業や休日出勤を断れなかったのも、

自分の意見が言えなかったのも、

 

Iさんが自分自身のことを知らな過ぎたからです。

 

 

自分が今まで仕事で貢献してきたこと、

品質もそこそこ良いものを提供してきたこと。

改善活動でも良い結果を遺してきたこと。

 

 

そういった、

 

自分が今までできたこと

 

に目を向けることができたため、

自分を信じて行動できるようになったんです。

 

最初は恐々でも、

次第に勇気を持って。

 

 

 

 

あなたもぜひ、

「自分が今までできたこと」

 

を書き出してみてください。

 

 

真面目なあなたはきっと

「できなかったこと」

 

ばかりに目がいってしまっていると思います。

 

 

一生懸命に頑張っているから、

 

「これができなかった」

「なんでできなかったんだ」

 

って思い悩むのだと思います。

 

 

そんな頑張り屋なあなたには、

成功していることや、

誰かの助けになっていることが

たくさんあるでしょう。

 

 

なのでこれから、

「できたこと探し」

 

をしてみてください。

 

 

小さなことでいいんです。

「これは誰かの役に立ったよなあ」

「良いことしたよなあ」

「これはえらかったんじゃないの?」

 

ということを探してみましょう。

 

 

誰に褒められなくてもいいんです。

あなたが自分で「良かった」と思うことに

意識を向けられたらいいんです。

 

 

 

 

ちなみに私は今日、

買い物に行きました。

 

前から切れていた白だしとみりん、

あと牛乳やおかしを買ってきました。

 

 

「買い物できた! よしっ」

 

 

こんなもので大丈夫です。

普段やっている当たり前の行動でも、

家族や友人、職場の人たちの

役に立っているものですよ。

 

 

「小さな成功体験」を探していきましょう。

 

 

ではまた。

 

コミュ障改善に成功した
私のサポートを
受けてみませんか

コミュ障なんて性格なんだから、

治すなんて難しいと思いますか?

 

 

私も同じように思っていました。

幼少期から人見知りでしたし、

人と話すのが苦手で、

なんなら人間そのものが

嫌いだとか言っていたくらいです。

 

 

それでも、

私はコミュ障を治すことができました。

 

できないのではなく、

 

 

サポートが足りていないだけ

 

 

なんです。

 

・ノウハウを手に入れても、

 どう使ったらいいかわからない。

・結局怖くて行動できない。

・ちゃんとできてるかわからない。

 

なんてことになっていませんか。

 

 

私は当時、コミュ力お化けの先輩を頼りました。

 

ノウハウを教えてもらったり、

ロープレのようなことをしたり、

実際についてきてもらったり。

 

 

正しい理論や方法を学んで、

適切なサポートを受ければ、

誰だってコミュ障を改善することができます。

 

 

私があなたをサポートします。

無料メルマガ配信中

 

ツイッターでは文字数的にも

伝えられることが少なくなって

しまいますが、

 

メルマガではもっと具体的な

内容を話しています。

 

私から直接サポートを

させていただきますし、

メルマガ読者さん限定の

レポートもお渡ししています。

 

もちろん無料となっているので、

ぜひ登録してみてください。

 

メルマガを購読するプレゼントもあります