経歴④【失敗談】伸びた鼻ってすぐへし折られますよね

 

どうも、伊藤です。

 

 

コミュ力お化けの先輩を頼った私は、

 

意見を聞いたり、

時には着いてきてもらったりして、

 

様々なことに挑戦しました。

 

 

 

自分にできる行動を積み重ねる

 

 

 

という方法論は、

私にとってとても革新的で、

行動力の源を与えてくれました。

 

 

「これなら人と話せる!」

「成功だ! やっと……」

「コミュ障脱却できたんじゃない?」

 

 

そんなふうに考えて、

実感も伴って成長できていました。

 

 

 

小さな行動の積み重ねが、

成功体験となって、

自信につながっていったんですね。

 

 

 

 

でもそんなときに、

私は大きな失敗をしました。

 

 

もうね、天狗だったんですよ。

 

 

私の人生で

一番恥ずかしい失敗(笑)

 

当時、私は24歳。

 

 

中学生のいとこに

家庭教師のようなことをしていました。

 

と言っても、

学校の問題集を一緒に考えて

やっていくというだけでしたが。

 

 

ご飯がおいしかったなあ。

唐揚げとか、煮物とかがおししくて、

 

いただける夕飯を楽しみにしながら

週1回の勉強を楽しみにしていたんです。

 

 

 

 

いやそれは良くて、

その家庭教師をするために、

毎週土曜日に近所のカフェで

私自身も勉強していたんですよ。

 

 

中古で買った中学数学の問題集を

ただひたすらに解いていました。

 

ケーキセットを頼んだり、

帰りには夕食も頼んだりして。

 

 

そうして毎週通っていくうち、

やっぱり店員さんとも

顔見知りになるわけですよ。

 

 

もうお察しかもしれませんが、

その中の一人の店員さんに、

やらかしたわけです。

 

 

 

シフトの関係か、

よく見かける店員さんがいました。

 

笑顔の素敵な気さくな店員さんで、

いつもケーキセットとコーヒーを嗜みながら

中学数学の復習をする私の顔も

すぐに覚えてくれたようでした。

 

 

「今日もケーキセットとアメリカンですか?」

 

 

って聞いてきてくれるのが

とても心地よかったんです。

 

それはそれは綺麗な笑顔で。

明るい声が私の心も照らすようでした。

 

 

 

 

……っていう具合に

勝手にその気になっていたんですね。

 

当時24歳童貞の、

なにひとつの経験もなかった私からしたら

それで十分だったんです。

 

 

 

半年くらいだったと思います。

 

勉強と称して(実際勉強もしているのですが)

そのカフェに通った挙句、

連絡先を渡したんです。

 

 

その頃には、

先輩に協力してもらったおかげで

だいぶまともになってきていたんです。

 

よく行くコンビニの店員さんとか

なんとなく人とも話せるようになってきていて、

 

 

「俺これもう行けんじゃね?」

 

 

ってにょきにょきと

鼻が伸びてきていたんですね。

 

そんな天狗の状態で、

 

 

「今度遊びに行きません?」

 

 

って声をかけたんです。

 

 

もちろん結果は惨敗です。

連絡先は受け取ってはくれたんですが、

なんの進展もありませんでしたね。

 

もう、一言目以降ぜんぜん喋れませんでした。

手とかめっちゃ震えたし。

 

何を喋ったか全然覚えてませんが、

キョドってまともに言葉を

発せなかったのは覚えています。

 

 

 

行動できたこと自体は

「よくやった」と思っています。

 

この経験は私自身を向上させる

いいきっかけになったと思っています。

当時は1か月くらい落ち込みましたが(笑)

 

 

 

辞めることも聞いていましたし、

後腐れがなかったのが唯一の救いです。

 

 

 

この失敗は、

伸びた鼻をへし折られる苦い経験だったのですが、

自分の未熟さを知る、

ある意味いいきっかけになりました。

 

もっといろんなことを学んで、

もっといろんなことを経験して、

 

 

「人と上手に関われるようになるぞ!」

 

 

って。

単純ですよね(笑)

 

 

 

そうして、

先輩との行動を実践しつつ、

更なる学びを求めて書店に行ったり、

外に出かけるようになりました。

 

 

そうしたら私は、

最強のノウハウに出会ったんです!

 

 

経歴⑤

ついに出会った、最強の方法論!

 

カテゴリー:伊藤のこと

 

コミュ障改善に成功した
私のサポートを
受けてみませんか

コミュ障なんて性格なんだから、

治すなんて難しいと思いますか?

 

 

私も同じように思っていました。

幼少期から人見知りでしたし、

人と話すのが苦手で、

なんなら人間そのものが

嫌いだとか言っていたくらいです。

 

 

それでも、

私はコミュ障を治すことができました。

 

できないのではなく、

 

 

サポートが足りていないだけ

 

 

なんです。

 

・ノウハウを手に入れても、

 どう使ったらいいかわからない。

・結局怖くて行動できない。

・ちゃんとできてるかわからない。

 

なんてことになっていませんか。

 

 

私は当時、コミュ力お化けの先輩を頼りました。

 

ノウハウを教えてもらったり、

ロープレのようなことをしたり、

実際についてきてもらったり。

 

 

正しい理論や方法を学んで、

適切なサポートを受ければ、

誰だってコミュ障を改善することができます。

 

 

私があなたをサポートします。

無料メルマガ配信中

 

ツイッターでは文字数的にも

伝えられることが少なくなって

しまいますが、

 

メルマガではもっと具体的な

内容を話しています。

 

私から直接サポートを

させていただきますし、

メルマガ読者さん限定の

レポートもお渡ししています。

 

もちろん無料となっているので、

ぜひ登録してみてください。

 

メルマガを購読するプレゼントもあります

 

経歴④【失敗談】伸びた鼻ってすぐへし折られますよね」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 経歴③奮起した伊藤! しかし…… - 20年来のコミュ障が人に囲まれる人生を手に入れたお話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。